カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

まつざわ建築工房

Author:まつざわ建築工房
茨城県水戸市の建築リフォーム事務所、まつざわ建築工房のリフォーム日記です。
リフォームの現場からの声を、ブログというかたちで皆様にお伝えできればと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

まつざわ建築工房のリフォームブログ!
茨城県水戸市の建築・リフォーム事務所 まつざわ建築工房のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H電機様復旧工事一期目報告
こんばんは

前回ご紹介したH電機様の復旧工事です

規模が大きく他のお客様への対応もあるため、工事を二回に分けていただきました

快くご了承していただいたH社長様ありがとうございます。ほんとに感謝です。

真ん中で大きな壁(横36M×高さ8M)を作り、工場側、事務所側とし、ここで前期、後期と分けさせて頂き、工場側から工事スタートです

工事のポイントとして耐震性を大前提に考えました。

まず既存被災物の解体、撤去をします。この作業に約一ヶ月、兄一人で行いました。これは大変な労力です。黙々と作業をしてもらいました。普通の職人では絶対できない作業です。まさに兄はまつざわ建築工房の要です。ありがとう


既存撤去も完了しいよいよ本工事に入っていきます。
まず天井は既存に合わせて上げず、勾配のなりに天井を上げていきます。露出になった壁も塞ぎ仕上げます。

メンテナンスを考慮し、壁、天井共に塗装仕上げです。あえてクロスにしませんでした。ボードの目地も残し、ビス穴だけパテ処理です。

008.jpg

そして真ん中の壁です(横36M×高さ8M、柱間隔6M)を壁でふさぎます。ここが一番考えました。かなり悩み考えました。
当初、間隔を狭くし柱を建てれば良いと考えました。見積もりを取ったら!!とんでもない金額でした。
値段が高い理由としては100㎜幅×8Mは流通があまりなく、配送の問題でした。これだけ長い柱は、普通のトラックでは運べません。

そこで悩みに悩んで考えたのが!!6m間隔の柱の間に鉄骨の梁を入れ柱を二段に分ける方法です。

上下に分ける事で4Mの柱でいけます。4Mの柱なら流通もあり、配送の問題もクリアでき、値段もグンと下がります。そして梁、基本は人力なのでぎりぎりのサイズまで落としてあります。それでも6人がかりでした。
梁の接合はご多忙の中、社長自ら行っていただきました。この接合がこの大壁を支えています。まさに大黒柱ならぬ大黒梁です。
画像 025



そして数々の問題をクリアし完成しました

画像 008

画像 012

画像 010

その後、震度5クラスの地震が何回も来ましたが被害もなく過ごせています。4ヶ月に及ぶ大工事でした。担当E様、そしてH社長様ホントにありがとうございます。二期工事も頑張ります!





スポンサーサイト
3月11日
こんにちは やっと寒い冬が明け、暖かい陽気になってきました。

ブログずいぶんとアップできていなくてすいませんでした。再開していきます 

震災前、私はH電機様の書庫を作るため間仕切り工事の真っ最中でした 大体骨組みも組み終わり、壁の下地工事に入るときでした

写真は震災前です。

画像 007画像 009
画像 002

地震の後の写真です。もともと4Mの高さから吊ってあった天井でした。筋交いが入っていなかった為、地震でブランコ状態になり天井から壁まで二階すべてを破壊しました

画像 052
画像 053
画像 040

写真は天井など撤去ごの写真です。直後は歩けないほどでした

その後 私に沢山のお客様からご連絡をいただきましたが、材料、人員がどうにも対応が利かない状態でした。

H電機様もすぐ工事ができない状況でした。工事は二期に分け、大きく真ん中で間仕切りを作ることになりました。社長様の気持ちを考えると、すぐにでも工事したかったと思います。松澤さんのお客様に対応しながら合間を見て工事してください。大変なのは皆さん一緒ですからと言われました。
H電機社長様にはありがたい感謝の気持ちでいっぱいです。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。